オオキンカメムシ

ほたるの里では毎年オオキンカメムシを観察していました。

オオキンカメムシはアブラギリに着くのですが、今年はどういうわけか痕跡を見つけることができないでいました。

アブラギリがびっしりと白い花をつけるのも見逃してしまい、知らない間に実がたわわについていました。

前回来た時も気にはしていましたが成虫も、幼虫の痕跡も見つかりません。異常気象のためかとも思いました。

でも、今回、アブラギリの生えている場所の下にアブラギリの実だけではなく、幼虫の脱皮殻の一部と、成虫の腹部のかけらを見つけました。オオキンカメムシの痕跡がありました。

アブラギリの木は大きくなりますが、表面を丁寧に見ていくとオオキンカメムシの幼虫の特徴のある金属光沢のある青緑色を見つけることができました。

オオキンカメムシの幼虫がびっしりとついていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください