シジミチョウ科」カテゴリーアーカイブ

カタバミにヤマトシジミ

衣笠山公園で時間を過ごし、しょうぶ園に戻りました。園内には1時間の滞在でベンチには座ってはいけないというような表示がありました。

鳥の姿は見当たりません。園内の人影もないことはありませんがまばらです。円を周回する道を選んで大回りしました。

気温は低いものの虫もいないわけではありません。斜面のカタバミは陽だまりのようでヤマトシジミの雄が蜜を吸っていました。画面だけ見れば春先のようです。

ヤマトシジミ

ここのところ月に数度しか撮影に出られていません。長雨だったり、暑すぎたり、忙しすぎたり。久しぶりに大田和に行くことができました。

まず、澤山池への入り口付近でアレチハナガサにとまるヤマトシジミです。なんでもいいから撮りたいものがいたら撮る感じです。

ツバメシジミ

イネ科の植物の穂の先にとまっていたツバメシジミ。チャームポイントは尾部近くのオレンジの模様とその後ろの尾状突起だと思います。この個体は尾状突起は残っていますが、後面になって見えない部分の翅が大きく損傷して翅脈のみ残ってかろうじて残った状態でした。

ウラナミシジミ

時期だとはいえ、ここのところウラナミシジミが続きます。ここのところ雨が続き出歩くこともできないでいました。晴天ではないものの雨が降ってはいないので澤山池に行きました。そろそろツリフネソウの花時です。

ツリフネソウが咲いていそうな場所に行く途中の道の脇のカラムシの葉の上に何頭かのウラナミシジミを見ました。

カラムシの葉の縁にきれいに水玉が並んでいるのに気づきました。よく見ると葉の上のウラナミシジミにも小さな水玉が並んでいます。