カテゴリー別アーカイブ: シロチョウ科

スジグロシロチョウ

澤山池に自生するいろいろな植物が春を迎えて次々に花を咲かせます。

中でもセリやタネツケバナは広い範囲に群生しています。また、白い蝶も飛び始めますが、タネツケバナを食草とするツマキチョウはそれほど数がいないように感じます。モンシロチョウも多いのですが今の時点でいちばん多いのはこのスジグロシロチョウだと思います。

池の端のほうで群落を作り白い花が敷き詰められた中に白い蝶が盛んに活動していました。

ツマキチョウ♂

 

昨日に引き続いてのツマキチョウです。

今朝はかなり冷え込んでいました。戻り寒さはより寒く感じるもので冬のセーターをまた着こんでしまいました。

澤山池に向かう途中では最近見かけていなかった富士山が見えました。空気は乾燥しているのでしょう。風もいくらか強く感じられます。

日は射しているのですが澤山池ではチョウの姿がほとんど見えません。川沿いには冷たい空気が滞留してしまっているようです。1時間ほどいてそろそろ帰ろうかと思うとチョウの姿がちらほら見え始めました。

それでもツマキチョウはなかなか姿を現しません。でも、チョウの姿が増えてくるとちらほらと現れました。

衝撃的だったのはムラサキケマンなどの赤系統の花にしか関心がないと思っていたツマキチョウが黄色の花に留まり吸蜜したことです。今が盛りのハルノノゲシの蜜を吸っていました。これならムラサキケマンが姿を消しても大丈夫そうです。

ツマキチョウ

ツマキチョウに出会いたくてここのところ数回は澤山池に行っていました。

今年は桜の開花が早く、先週には満開になってしまったので春休みと重なったこともあり、普段は閑散としている澤山池に多くの人があふれたこともありました。

有効利用の観点からいうと望ましいことかもしれませんが、混雑を避けたために、たぶん1週間ほど前から出現していたツマキチョウに出会えないでいました。

きょうは天気が悪いという予報もあったので出かけないつもりだったのですが、日が差し始めたので行ってみました。

目的地に着いて、すぐに池を周回するつもりでした。でも、その前に駐車場から池の堤にあがったところにムラサキケマンの群落があるのを思い出し、いちおう確認することにしました。

まだ、朝も早いし気温が低いので期待できないな、と思って茂みを見ると、ムラサキケマンの花にはいませんでしたがその群落の中に生えているイネ科の植物の葉に何か止まっているのが見えました。

草がかぶっているのでなかなか姿をはっきりと見えません。ピントを合わせるのも難しいのですが、草の隙間から何ショットか撮ることができました。朝なのでまだ羽も濡れていて飛べないだろうと甘く見て全面の草を引き寄せるとさすがに逃げてしまいました。もう少し慎重にやらなければいけなかったと反省しきりです。

その後、池の周りを歩いていると白い蝶がかなり見えます。多くはスジグロシロチョウ、モンシロチョウなのですが、ごく稀にツマキチョウに遭遇します。白い蝶がたくさんいるのでその中から見つけるのが難しいのですが、ムラサキケマンの花に来ているものはツマキチョウの可能性が高いので、そこに注目していると見つけるのが少し楽になりました。

今回、かなりの数の個体に遭遇したのですが、すべて雄でした。何か見落としているのかもしれません。

モンキチョウ

朝方は雨が降りましたが昼過ぎて日が差してきたので外に出てみました。

ちょっとした空き地で植物が茂っていれば昆虫のいい生活場所になります。

長沢の空き地を小さな川を越えてみているとちらちらといろいろな蝶が飛んでいるのがわかりました。せっかくなのでカメラをもって空き地に入ります。

アメリカセンダングサの黄色い花は蝶が好むようです。モンキチョウのほかウラナミシジミやキアゲハ、ツマグロヒョウモン、キタテハが来ていました。

写真はかなり白いところのあるモンキチョウです。赤味のある縁取りや触角がおしゃれです。

 

キチョウ

P1230944吸蜜するキチョウ-SP-t2000w-s

P1230944吸蜜するキチョウ-SP-t2000w-s

アレチハナガサを吸蜜するキチョウ。 アレチハナガサはドライフラワーみたいに乾いた感じがするけれど、いろいろな虫が寄ってくる。花の少ない時期に咲いているからかもしれない。あるいは見た目以上においしい蜜を持つ花なのだろうか。

モンシロチョウ幼虫

P1220413モンシロチョウ幼虫-t2400w-s

P1220413モンシロチョウ幼虫-t2400w-s

小松菜の葉の上のこの青虫がモンシロチョウの幼虫だというのは育ってきた経過を見ての話ではない。小学生のころ、自宅の近くにキャベツ畑があり、そこでモンシロチョウの幼虫を大量に集めて家に持ち帰ったことがある。しばらく育てるとそれが蛹になり、蛹の外面が透明になりモンシロチョウになったという経験があるからだ。

この写真では頭部ではなく尾部を見ている。濃緑色の排せつ物が新鮮に見えるのは尾部から排泄されたばかりだからだろう。

モンシロチョウ卵

P1220342モンシロチョウ卵-SP-t640w

P1220342モンシロチョウ卵-SP-t640w

この丸みを帯びた黄色の細長いものがモンシロチョウの卵だと断言するのは、モンシロチョウが産み付ける一部始終を目撃していたからだ。

場所は家庭菜園で栽培されているのはトマト、ピーマン、ブロッコリ、小松菜だ。目撃したのはモンシロチョウが小松菜の葉に産み付けているところだ。産んだすぐ後に見つけたのがこの卵だ。

小さいものだが、次回は鮮明に撮りたいものだ。

順光と逆光のモンシロチョウ

P1220151逆光のモンシロチョウ-SP-t2000w-s

P1220151逆光のモンシロチョウ-SP-t2000w-s

P1220156順光のモンシロチョウ-SP-t2400w-s

P1220156順光のモンシロチョウ-SP-t2400w-s

少し前に掲載したハグロトンボは翅がしっかりと良く見える。光の方向が正面だ。光が後ろから当たる逆光だと神々しい感じが出たりする。

モンシロチョウがアレチハナガサにいたので撮ってみた。意図したわけではないが、順光と逆光のものがあるので比べてみる。

キチョウ

P1170230キチョウ-SP-t2000w-s640w

P1170230キチョウ-SP-t2000w-s640w

白っぽいキチョウととても黄色みが強いキチョウがいる。種の違いか、性差か個体差かなのかはまだ知らない。今回は色の濃いキチョウだ。また、キチョウはなかなか翅を開いてとまらないので表面を撮ることはめったにない。
続きを読む