サクラにメジロ

明浜小学校の桜は毎年ほかの桜よりも早く咲きます。でも、今年は3月に入ってすぐにほころびました。そして、1週間もすると満開となり、鳥たちも群がりました。

メジロ、ヒヨドリはもちろん、スズメ、シジュウカラ、ツグミなどもいました。今年は早咲きの桜からほかの桜も続きて遅咲きの桜もそれほど遅れることなく続きました。

ホトケノザ

久しぶりだったので思わず長居してしまいました。少し急がなければならないのですが澤山池を出てすぐの行動の道端に見事なホトケノザの群落を見つけてしまいました。停車して撮ってすぐに発車です。

テングチョウ

小道を歩いていると目の前に小型のチョウが降り立ちました。タテハチョウのような形で小型のもの、テングチョウだとすぐにわかりました。以前にもここにいるのは目撃しています。でも、春先とはいえ低温の中に出てきてくれてうれしかったです。

ミサゴ

山間の道を歩いているときに大きな鳥が2羽、空を渡って行くのが見えました。色合いからトビではないことがわかりました。すぐにレンズを向けることができなかったので少し高いところまで移動してしまいました。猛禽は詳しくないのですが私の知る限りではミサゴに思えます。

オオイヌノフグリの群落

澤山池の入り口駐車場の斜面に咲いていたオオイヌノフグリです。一面に明るい青色の小さな花がびっしりと咲いているように感じるのですが写真で見るとまばらにしか見えません。どうしたら感じているように撮れるのか考えどころです。

カワセミ

ミコアイサに出会えたのでもういつでも帰れます。アカマシコも少し前にはいたという話も聞きましたが最近はもう見えないようです。

川沿いに戻っていくと後ろから飛びすぎていく鳥がいました。カワセミです。追い抜いて行ってすぐに手すりの柵の上にとまっています。これは撮らないという選択はありません。

採餌するオオバン

わたしの地元の三浦半島でオオバンを見るときはほとんどが海に浮いています。ここでも水の中に群でいることも多いのですが、人がいなければ大挙して上陸していたりします。浅瀬の海藻を採るよりも上陸して拾い食いするほうがずっと楽なのかもしれません。

ミミズク

自転車できている地元らしい方が「あまり教えたくないんだけど・・」と言って教えてくれました。地続きなのに金網で行けなくなっているところに茂っている木が何本もあります。その一本にミミズクがいるというのです。

茂みをじっと見ているとなんとなく輪郭がつかめてきました。よく探すと4羽いるといいます。3羽は分かりましたがもう一羽はどうしても判別できませんでした。種類も聞いたような気がしますが覚えていられませんでした。

ミコアイサ

出歩くことが少なくなり、たまに出ても新しい鳥を見ることも少なくなりました。ふと、思い立って少し遠出しました。新横浜公園です。

災害時には遊水地として機能する川べりから川を見てもあまりいいものはいなそうでした。でも、対岸でスズメの大群が騒いでいる声が聞こえてきます。葦が茂っているあたりですがスズメがあまりに小さいためでしょう、双眼鏡でのぞいても動きが見えず、ただ騒ぐ声が聞こえるだけでした。

そんな時に少し大きい鳥が数羽、背後から飛んできて水面に降りました。白っぽいので「ミコアイサだ!」と思いました。ここに来たのは、ミコアイサに会いたかったからですが、そんなに簡単に会えるとは思えませんでした。姿を探すとミコアイサの雄と雌が2羽ずついるのが見えました。つがいとしてではなくオスはオス、メスはメスどうしが連れ立って行動していました。

カシラダカ

澤山池の奥から整備が進んでいる棚田のほうに行きました。かなり鳥の密度が高そうです。近づくと足元からアオジが飛び立ちます。気配を察知したモズも逃げてしまいました。

そんな中で飛び立った小鳥の群がありました。カシラダカです。枝かぶりでなかなかピントが合いません。少しだけピントが合っているのがありました。